結膜下出血

結膜下出血とは

結膜下出血とは結膜(白目)の下の細い血管が破れて内出血したもので、白目の部分が真っ赤になった状態です。何となく眼がゴロゴロしたり、違和感を感じ自分で鏡を見て気づくこともありますが、人から目が赤いと言われて気づき、びっくりすることも多いです。

amslerchart

 

結膜下出血の原因

結膜下出血は眼に物が当たったなど原因がはっきりしている場合もありますが、ほとんどは特に原因となるものが思い当たらないことが多いです。白眼の下の血管は細いので強くこすったり、せきこんだり、いきんだりなど首から上に力が入ったときなどに起こることがあります。眼の表面の血管が切れるのは病気があるせいと思われる方も多いですが、脳出血や高血圧、動脈硬化、血液の病気など全身の病気との関連はあまりないようです。

結膜下出血の症状

通常の出血ではほとんど痛みやかゆみ、メヤニなどはありません。出血が多いと多少異物感などありますが、何もない方がほとんどです。

結膜下出血の経過

通常ですと1~2週間で自然に吸収されますが、出血量が多いともう少しかかる場合がありますが心配ありません。

結膜下出血の治療

大部分は自然に吸収されるので無治療ですが、出血を吸収しやすくする目的で点眼薬を使う場合もあります。あまりに頻繁に出血する場合や体の他の部分も出血することが多い場合は血液検査をすることもあります。